Les bonbons du Tanuki Noir

Nos bonbons sont le produit d’une sélection attentive, provenant du créateur d’origine quand cela est possible.

 
bonbons.jpg
Anis de Flavigny

Anis de Flavigny

この砂糖菓子は8世紀からベネディクト会の僧侶によって考案され、アニスの実に砂糖をまぶしています。今日、トゥルバ家のみが12世紀当時のレシピを継承し、作り続けています。

 

Bergamote de Nancy

Bergamote de Nancy

ベルガモット・ド・ナンシーは、19世紀から続くロレーヌの菓子メーカーの特産品で、ベルガモットのエッセンシャルオイルが香る黄金色の綺麗な飴です。

 

Berlingot

Berlingot

この飴は南フランスのヴォクルーズ県のカルポントラが発祥地で、18 世紀に作られ、元々はペパーミントが使用されていました。19世紀に は本格的に砂糖菓子として製造されるようになりました。

 

Les Bêtises de Cambrai

Les Bêtises de Cambrai

エミリーさんが両親のコンフィズリーの仕事を手伝っていたところ、誤ってミントを飴の中に入れてしまいました。このミスを隠していたエミリーですが、数日後にお客様から「新商品の味がとても美味しかった」と評判になったことでこの商品は生まれました。この成り立ちから、この飴はフランス語でミスという意味の「ベティーズ」を用いた名前で今でも多くの人に親しまれています。

 

Le Calisson

Le Calisson

一般的にメロンのコンフィとアーモンドを砕いたものを砂糖でコーティングしたものです。その中でも菱形でオレンジの花の水を練り合わせたものが一般的です。南フランスのエクサンプロヴァンスの15世紀から伝わる伝統的なお菓子です。

 

caramels

Caramels

砂糖から作られた最初の砂糖菓子の1つと考えられているキャラメルは、14世紀のフランスのフィリップ6世の治世時に塩バターキャラメルの形で生まれました。 その日以来、多種多様なキャラメルが生まれています。

 

Chuques du Nord

Chuques du Nord

1887年、ノール=パ·ド·カレー地域圏内のデュアシスという街のお菓子屋を営むビクトールピノーは、チョコレート風味のカフェをキャラメルと併せるアイディアをひらめきました。それを混ぜ合わせた後テンサイ糖を周りに巻き、青い石の上で冷やしたところ、飴の内部が柔らかいままだという事に気づき、これを« シュック·デュ·ノール »と名付けました。

 

Le coussin de Lyon

Le coussin de Lyon

1643年、リヨンでペストが大流行したとき、住民たちはこの街がペストから免れるよう聖女に懇願した。この時住民たちは3kgの蝋燭と、高価な絹でできた青いクッションの上に1つの金貨を乗せ献上した。1960年にショコラティエ·ヴォワザンがこの歴史に敬意を表し新しいボンボンを作り出した。このボンボンはチョコレートのガナッシュと軽くキュラソー(オレンジのリキュール)で香り付けしたマジパンで作られている。

 

Galets du Gave

Galet du Gave

ガレ·ドュ·ガーヴ このお菓子はオート=ピレネー県で作られています。ガーヴという流れの速い川にある石に似ているということに由来した名前です。(❝galet❞とはフランス語で「小石」を意味します。)多くの形、色、味が存在します。

 

Liquicroc

Liquicroc

このキャンディーは、2011年に真ん中がトロッとしたキャンディーを作り始めた『la Maison Pécou』のものです。外側はチョコレートになっていて、内側には色々な味(果物など)のソースが入っています。

 

Le Nougat de Montélimar

Le Nougat de Montélimar

話は18世紀に遡ります。ブルゴーニュ公とベリー公はスペインから帰国し、モンテリマールにいた時のことです。住民は2人をお迎えする為ヌガーを準備し、その時からその地域の贈り物として根付いてきました。アーモンド、はちみつ、砂糖、卵白からなるシンプルで味わい深いお菓子です。

 

perles de vignes

Perles de Vignes

レーズンの最大の用途の一つは、おそらく2世紀のバルカ将軍のものであり、そのおかげで彼は軍と共にアルプスを横切ることができました。その後何世紀か経て、ショコラティエのフランシス·ミオが、レーズンをワインに漬け、それをチョコレートでコーティングした砂糖菓子を作り出すことを決めました.

 

Sève de Pin

Sève de Pin

このキャンディーは昔から伝統的に、
風邪を引いたときの薬変わりに使われていました。松もしくはもみの木のエキスを砂糖と共に煮詰めて作ります。製造者によっては、しばしばハチミツを加える場合もあります。

 

Karatapas

Karatapas

このお菓子は、ショコラティエ フランソワ·ドゥーセが作り出しました。圧力をかけて膨張させたとうもろこしにブラックチョコレートをコーティングして作られています。

 

Capture d’écran 2019-09-04 à 17.44.10.png

Violette de Toulouse

トゥールーズでスミレを最初に使用したのは13世紀にさかのぼり、貴族たちの料理を飾ったり、毒の匂いを隠すために使われていました。 それから何世紀も後の19世紀頃、アドリアン・ルコールによって 再び日の目を見ることになりました。彼はスミレ製品の製造と文化を復活させました。常に新鮮な花々から作られており、砂糖漬けで結晶化された飴なども登場しました。 スミレはその繊細な香りと美しい色で簡単にそれがスミレだと識別することができます。